クリームパンナのおいしい毎日

家庭用オーブンで焼く本格派パン作りと美味しいパン屋さんの記録など。

香港式メロンパン

日本以外のアジアのパンが気になり、東京は飯田橋にある「贊記茶餐廳」で香港式メロンパンこと菠蘿包を食べてきました。

(ちなみに平日昼過ぎに行ったときのことで行列や相席はなくベビーカーで入店OKでした。)

  香港ではパイナップルパンと呼ぶみたいです。どちらにしても無果汁なので見た目だけのことですね。

 
上はほろほろクッキー生地にふんわりパン、
クッキー生地はかなり薄く、日本のメロンパンとは全然別物です。
温まったパンに冷たい有塩バターが挟まっています。
挟まっていないバージョンもありますが、本場っぽく食べてみたいのでバターごとガブっとかぶりました。温かくて甘いパンに冷たくてしょっぱいバター、合わないわけがない^^
バターが溶ける前に、冷たいバターをかじるのが良いですね。

普段追いかけているブーランジェの凝ったヴィエノワズリーとは真逆の素朴さで
こだわりの製法とかそういうのではないけど、ほっこりする味です。
香港の人たちが故郷を懐かしんで来店する気持ちがなんとなくわかる気がしました。
f:id:creampannna:20150918193808j:image
このパイナップルパンにチャーシューが入ったものも香港では定番人気なのだとか。

そして写真奥のエッグタルト、こちらはクッキーのような生地で中はぷるっぷるんでした。
 
f:id:creampannna:20150922074550j:image
 ドリンクも一緒に。
ココアみたいなのが阿華田(オバティン)、白いのが好立克(ホーリック)というドリンクです。
どちらも香港版ミロといったところで麦芽飲料。ホーリックの方はムギっぽい風味そのままですが全然大丈夫。美味しかったです(^^)
 
f:id:creampannna:20150922074754j:image
2歳児、エッグタルトを食べてオバティン完飲してました。
 
f:id:creampannna:20150922075054j:image
 
飯田橋には「春水堂」という台湾のタピオカミルクティーのお店もあるのでハシゴすれば香港と台湾を両方楽しめそうですʕ•̫͡•ʔ♬✧