クリームパンナのおいしい毎日

家庭用オーブンで焼く本格派パン作りと美味しいパン屋さんの記録など。

セントル・ザ・ベーカリー

セントルで角食を購入してきました。

 f:id:creampannna:20150907101145j:image

おいしーい!

うちの0歳児かセントルかっていうぐらい

すべすべでやわやわでぷるんぷるん!

これは並ぶ価値ありますね。

 

美味しいとよく耳にしていたセントル・ザ・ベーカリー。

予約ができなくて1時間以上並ぶと聞いて近づけないでいましたが、

銀座で友人とランチする予定があったのでだめもとで行ってみました。

f:id:creampannna:20150907101347j:image

到着したのは11時10分頃、

次の焼き上がりは11時35分頃の角食と案内され、それぐらいなら

短気な私でも待てるわと並ぶことにしました^^

でもすぐ私の3人ぐらい後ろで角食売り切れと案内があり、次回12時05分頃のプルマンの案内に切り替わりました。

プルマンもほしい!

でも待ち合わせが12時だったのであきらめました。

セントルでは角食、プルマン、イギリスパンの3種を販売していて、イギリスパンは10時開店時の1回のみの販売だそうです。

食パンの列とは別にイートイン用の列もできており、驚いたことに外国人観光客のグループが半分ぐらい占めていて広東語や韓国語が飛び交っていました。

日本といえば寿司やラーメンを連想する時代は終わったのか。

 

そして待つこと約30分、

角食を無事購入できました♪

1本2斤あり2本買ったのでずしっと重い。

8kgの息子を抱っこしながら4斤の食パンとマザーズバッグを持ってがんこへ移動。

ベビーカー持ってくればよかった。

ちなみにがんこ銀座4丁目店は座敷料がかからず完全に個室で畳のお部屋なので子連れには本当におすすめです。

 

話は戻って角食について。

セントルの角食は国産小麦「ゆめちから」を使用したしっとり・もっちり食感の食パン。レジの前にガラス張りの厨房があり、作っている様子が見られました。

バターは美瑛産、たしかゆめちからの袋にも美瑛と書いていたような記憶が。

国産にこだわった食パンなんですね。

当日は焼かずにそのまま食べるのがお勧めと書いてあったので柔らかさを楽しみました。でもミミは結構しっかりしていました。味は少し甘めだなと思ったのでセントルの本をチラ見してみると、砂糖が湯種の時点で2%、残りの配合6%とあったのですこーしだけ甘目に作っているのかなと思いました。

 f:id:creampannna:20150907104337j:image

1枚で止まらず2枚目に手を出してしまいました。

2枚目はたまごサラダをのせて。

翌日分を残して残りは1枚ずつラップに包んで冷凍しました。

トーストして食べるのも楽しみです。